自己破産は後ろめたいことなのか?

自己破産を躊躇してしまう方は多いでしょう。

借金を法律で解決することに抵抗を覚えている方が多いのが現状ですが、これは何ら恥ずかしいものではありません。

国が認めた合法的な方法ですから、返済が困難だと思ったら実行しましょう。

貸金業者は何もせずに返済を先延ばしされることを一番嫌うものです。

自己破産を行うなら、弁護士に相談してください。

現時点においても、最も効果的かつコストパフォーマンスの高い方法なのです。

自分で債務整理を検討している方もいますが、膨大な時間が必要となりますし、思ったような減額効果を期待できません。

過払い金の返還請求などは特に顕著であり、素人とプロでは返還できる金額に大きな差が生じるのです。

自己破産を弁護士に依頼する場合、もちろん無料ではありません。

だいたい30万円~40万円くらいの費用がかかると考えていいでしょう。

この費用はかなり高いと言われる方もいますが、借金がゼロになることを考えると、費用対効果は非常に高いと言えます。

億単位の借金があってもゼロになるのですから、借金の減額効果は他のどんな債務整理よりも高いのです。

借金を抱えた状態の生活は、非常に厳しいものがあるでしょう。

借金がすべてなくなると、肩の荷が一気に軽くなるのを実感できます。

ブラックリストに登録されますが、期間は5年程度となっており、それ以降はローンを組むことも可能となります。

その期間中は家計を見直す一番のタイミングと言えるでしょう。

自己破産に実質的なデメリットはほぼない

自己破産とは、すべての債務の支払いが免除されるための手続きです。

裁判所に、これ以上の債務の支払いが無理であることを届け出て、それが認められ免責許可が下りれば、それまでの債務のすべての支払いが免責されることになります。

それまでどれほど債務があったとしても、免責許可が下りればもう支払う必要はありません。

ただ、裁判所の基準を超える財産については手放すことになります。

裁判所の基準を超えない財産については手放す必要はありません。

家族が保証人になっていない限り、家族に影響が及ぶことはまったくありません。

自己破産をするメリットは、それまで悩まされていた債務から逃れることができるということです。

免責許可が下りれば、すべての債務の支払いが免責されますから、これまで悩まされていた取立てなどにもう悩まされる必要はありません。

毎月の返済をしなくてもよくなることで、余裕を持って生活をすることができます。

給与の差し押さえなどの強制執行もできなくなりますから、債務がなかった時の振り出しに戻る感じです。

再スタートを切りたい方にとって、これほど理想的な方法はありません。

では、デメリットはないのでしょうか。

デメリットはもちろんあります。

免責許可が下りてから、5年から10年間は新たな借り入れをすることができません。

ただ、これは生活を再建するためにはプラスに働きます。

住所氏名が官報に載り、警備員や士業などに就けなくなります。

一般の方で官報を見るチェックしている方は少ないでしょうし、警備員や士業などの仕事をされているわけでなければ、これによる実質的なデメリットは無いといいでしょう。

つまり、警備員や士業でなければデメリットよりメリットのほうが大きいのです。